花壇に植える花の配置をどうやって決める?高さが異なる花をレイアウトする方法を実例を使って解説します

花壇 花 配置

Mrs K
Mrs K

花壇に植える花の配置を決める方法を解説します。紹介するレイアウトは背の高さが異なる花の配置方法を5例で、全て私の宿根草をメインに植えている花壇です。それから、花の配置を考える時の注意点も説明します。

このページでは、私が実際に作っている花壇から

の5つの例を紹介します。

また、
花の配置を決めるときに注意すること
についても解説します。

花壇に植える花の配置を考えるときに参考にしてください。

【基本】背が高い花を後ろ、低い花を前に配置する

Mrs K
Mrs K

花壇に花を配置するときの基本は、
・背が高い花を花壇の後
・背が低い花を花壇の前
というレイアウトです。

花壇に背が高い花と低い花を植えると

  • ゴージャスに見える
  • どの方向から見ても楽しめる
  • 咲く時期が違う花を組み合わせて長く楽しめる

などのメリットがあります。

ここでは、花の配置を私の花壇の例を使って解説します。

紹介する実例は
異なる種類の花を配置するレイアウト
背の高さが異なるチューリップのレイアウト
です。

【実例】異なる種類の花を配置するレイアウト

花壇 花 レイアウト

Mrs K
Mrs K

基本的に
・背の高さが1mを超えるものは花壇の後方
・背の高さが1m未満のものは花壇の前方

に配置します

バラやボタンのように数年後に1mを超えるものも後ろに配置します

この花壇のレイアウトは下の図の通りです。

花壇 レイアウト

Mrs K
Mrs K

植えてある花を簡単に紹介します。

【バラ ジュビリーセレブレーション】

バラ ジュビリーセレブレーション

  • 高さ: 1m
  • 花の色:ピンク
  • 花が咲く時期:5月〜11月
  • 冬は枝だけになる

【ボタン 貴婦人】

ボタン 貴婦人

  • 高さ: 1m ~ 2m
  • 花の色:白
  • 花が咲く時期:4月
  • 冬は枝だけになる

【クナウティア・アルベンシス】

クナウティアアルベンシス

  • 高さ: 1m ~ 1.2m
  • 花の色:薄紫
  • 花が咲く時期:4月〜7月
  • 冬は葉だけ残る

【バーベナ ラナイ リモンチェッロ】

バーベナ ラナイリモンチェッロ

  • 高さ: 25cm ~ 30cm
  • 花の色:白と紫
  • 花が咲く時期:5月〜10月
  • 冬の間葉は枯れずに残る

【アスター アルマプシュケ】

アスター アルマプシュケ

  • 高さ: 30cm
  • 花の色:濃いピンク
  • 花が咲く時期:8月〜9月
  • 冬は葉が枯れて姿が見えなくなる

【カワラナデシコ】

カワラナデシコ

  • 高さ: 40cm
  • 花の色:赤
  • 花が咲く時期:5月〜10月
  • 暖冬なら花が咲き続ける

【ノジギク】

ノジギク

  • 高さ: 80cm
  • 花の色:白
  • 花が咲く時期:11月
  • 5月ごろに30cmくらいの高さになるように切る

【ルドベキア ブラックアイドスーザン(タカオ)】

ルドベキア ブラックアイドスーザン

  • 高さ: 50cm
  • 花の色:黄色
  • 花が咲く時期:7月〜9月
  • 冬の間は葉が枯れて姿が見えなくなる

【カノコユリ】

カノコユリ

  • 高さ: 80cm
  • 花の色:濃いピンク
  • 花が咲く時期:7月
  • 花が咲き終わると葉や茎は枯れる

【マートル (ギンバイカ)】

マートル

  • 高さ: 90cm
  • 花の色:白
  • 花が咲く時期:6月
  • 冬も薄緑色の葉が美しいまま残る
Mrs K
Mrs K

このレイアウトを別の方向から見るとこんな感じになります。

花壇 花 レイアウト

【実例】背の高さが異なるチューリップのレイアウト

Mrs K
Mrs K

春に咲くチューリップを高さが異なる種類でレイアウトします。

アクセントにビオラも植えています。

花壇 チューリップ 配置

下の図がこの花壇のレイアウトです。

花壇 チューリップ レイアウト

Mrs K
Mrs K

チューリップの球根は同じ種類を10球まとめて植えています。

ここで植えているチューリップは一般的なチューリップとは違う、原種系チューリップです。

原種系チューリップを園芸用に改良したものが一般的に知られているチューリップです。

【原種系チューリップ アニカ】

原種系チューリップ アニカ

  • 高さ: 30cm
  • 花の色:オレンジ色に近いピンク

【原種系チューリップ クルシアナ レディージェーン】

原種系チューリップ レディジェーン

  • 高さ: 30cm
  • 花の色:内側は白 外側は白とピンク

【原種系チューリップ クリサンサ】

原種系チューリップ クリサンサ

  • 高さ: 25cm
  • 花の色:内側は黄色 外側が黄色とピンク

【原種系チューリップ リトルプリンセス】

原種系チューリップ リトルプリンセス

  • 高さ: 10cm
  • 花の色:内側は黄色 オレンジに近い赤

【原種系チューリップ 名称不明(ピンク色】

原種系チューリップ

  • 高さ: 10cm
  • 花の色:濃いピンク色

【ビオラ】

ビオラ

  • 高さ: 20cm
  • 花の色:紫色
Mrs K
Mrs K

上から見るとこんな感じになります。

花壇 チューリップ レイアウト

【バリエーション1】奥行きが狭い花壇で高さが異なる花を配置する

Mrs K
Mrs K

花壇の奥行きが狭いと、高さが異なる花を前後に配置することができません。

その場合は、高さが異なる花を一列に配置するレイアウトがオススメです。

花壇は正面からだけでなく右からも左からも見ます。

高さが異なるだけでなく

  • 葉の形が面白い
  • 葉の色が異なる
  • 花が異なる時期に咲く

ものを一列に配置すると変化に富む景観になります。

【実例】高さと葉の色・形が異なる花を並べるレイアウト

花壇 花 配置

上の画像は奥行きが狭い花壇のレイアウト例です。

このレイアウトだと、正面だけでなく左右どちらから見ても異なる景観を楽しめる花壇になります。

花壇 花 レイアウト

【スイートフェンネル】

スイートフェンネル

スイートフェンネル

  • 高さ: 1m ~ 2m
  • 花の色:黄色
  • 花が咲く時期:7月
  • 8月ごろ2m近くに達する

【ホスタ(ギボウシ) アメリカン・ハロ】

ホスタ

ホスタ

  • 高さ: 40cm ~ 60cm
  • 花の色:薄紫色
  • 花が咲く時期: 6月
  • 冬は葉が枯れて姿がなくなる。年々大きくなる。

【コモンセージ】

コモンセージ

コモンセージ

  • 高さ: 60cm ~ 100cm
  • 花の色:紫色
  • 花が咲く時期: 5月
  • 冬の間も葉が枯れない

【ツワブキ】

ツワブキ

ツワブキ

  • 高さ: 60cm ~ 70cm
  • 花の色:黄色
  • 花が咲く時期: 10月〜11月
  • 冬の間も葉がツヤツヤの緑色を保つ
Mrs K
Mrs K

この花壇を右側と左側から見ると、それぞれこんな感じになります。

花壇 花 レイアウト

【バリエーション2】背が低い花を高い花の後ろに配置する

Mrs K
Mrs K

私の花壇では
鮮やかな色の花をあえて花壇の後ろに配置する
春に咲く球根を花壇の後ろに配置する
というレイアウトにしている場所もあります。

【実例】色鮮やかな花を花壇の後ろに配置するレイアウト

花壇 花 配置

Mrs K
Mrs K

この場所では、色鮮やかな花を細い茎がヒョロッと伸びるタイプの背が高い花の後ろに配置しています。

細い茎の間から綺麗な色の花が見え隠れするというちょっと神秘的な景観になります。

この場所のレイアウトが下の図です。

花壇 花 レイアウト

Mrs K
Mrs K

ここでは、ゲラニウムの前にアリウムの球根を10球まとめて植えています。

【ゲラニウム ミセスケンドールクラーク】

ゲラニウム ミセスケンドールクラーク

  • 高さ: 40cm ~ 50cm
  • 花の色:ラベンダー色
  • 花が咲く時期:5月〜8月
  • 直径3cmくらいの小さな花が次々と咲く

【アリウム 丹頂】

アリウム 丹頂

  • 高さ: 60cm ~ 80cm
  • 花の色:赤紫色
  • 花が咲く時期:6月
  • 球根。細長い茎が伸びて先端に丸いボールのような花が咲く。

【実例】春に咲く球根を花壇の後ろに配置するレイアウト

花壇 スイセン レイアウト

Mrs K
Mrs K

2月〜3月に花を咲かせる球根は花壇の後方に植えます。

その理由は、
・花壇全体に花や葉が少ないので花壇後方に植えてもよく見える
・花後に葉が枯れるが後ろに植えてあれば目立たない

からです。

花壇 スイセン 配置

この場所ではスイセン テータテートを花壇の後方に植えています

【スイセン テータテート】

スイセン テータテート

  • 高さ: 10cm ~ 20cm
  • 花の色:黄色
  • 花が咲く時期:3月
  • 球根。花が咲き終わると葉と茎は枯れる。

どの球根でも花が終わった後、葉を枯れるまでそのままにしておきます。

これは、葉に光合成をさせて球根に養分を来年に向けて蓄えるためです。

スイセン テータテートの葉は下の画像のように枯れます。

スイセン 葉

これが花壇の前面にあるとちょっと残念ですよね。

そこで、スイセンテータテートを花壇後方に植えておきます。

葉が枯れる頃には周りの植物が大きくなっていて、上手い具合に隠れるからです。

花壇 スイセン 配置

花壇で花の配置を決めるときに注意すること

Mrs K
Mrs K

花壇で花の配置を決めるときは、
花と花の間隔を十分に開ける
レイアウト通りの花壇になるまで最低2年はかかる
ということに注意してください。

花と花の間隔を十分に開ける

花壇 苗 間隔

あれもこれもと植えたくなりますが、花が育つためのスペースを十分に確保してください。

花の苗と苗の間隔は30cm~40cm開けましょう

レイアウト通りの花壇になるまで最低2年はかかる

花壇 出来立て

この画像は、このページで紹介した花壇を作り始めたばかりの時のものです。

この花壇が
花壇 2年後

ここまでになるのに2年かかりました。

レイアウトを考えて花を植えてから、実際に形になるまで最低2年はかかります

とても時間がかかる作業だということを知っておいてください。

花壇のレイアウトは何回でもやり直せる

花壇の花の配置を考えるのはとても楽しい作業です。

でも、一生懸命考えたレイアウトなのに…

・植えた花が枯れてしまった。
・花が予想より大きくなった/小さかった
・気に入らない
・もっといいレイアウトを思いついてしまった

などなど、よくあることです。

そんな時はどんどん花を植え替えましょう。

多くの花が休眠期に入る冬がチャンスです。

失敗してもやり直せるのが庭づくりの良いところ。

いつも頭の中に理想の花壇を思い描きながら、ワクワクして庭づくりに励みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました